留学コンシェルジュ

アメリカで学ぶ高校留学生からの提案

コネチカット州にあるボーディングスクールで学ぶ生徒が、
アメリカから帰国し、オフィスを訪れました。
その生徒とは、2年ほど前、彼がボストン近郊のジュニア
ボーディングスクールに在学している時に学校訪問で会っていました。
今年の9月からジュニア(高校2年生)になる彼は、東海岸にある
3校のジュニアボーディングスクールに来年の夏30名の生徒を
送る計画を独自で立てており、
その手続きをしてもらいたいということが彼の依頼でした。
彼は、お父さんと一緒に来社したのですが、
お父さんは、静かに彼と私の会話を聞くのみでした。
30名のサマースクール入学者をどのようにして集めるのかを尋ねると、
彼の住む地域の公立学校を訪問して協力してもらうと言います。
手続きに関する私に対する費用は、どうやら、
当初から考えていなかったようです。
彼のこのプランは、今夏の課題として、
自ら率先して生み出したものと思われます。
その意欲と日本のこれからの教育を彼なりに考えての行動は
素晴らしいものと思います。
しかし、30名のサマースクール参加者が簡単に集まるとは思いません。
また、集まったとすれば、その人たちすべての手続きを
私個人がボランティアで行うことは困難です。
その旨を率直に彼に伝えると、今まで沈黙していたお父さんが、
「私もそう思う」と発言されました。
その後は、お父さん、彼、そして私の3人による対話が始まったこのですが、
初対面のお父さんの論点は、日本の教育とこれからの世界ということに
シフトしていき、私もその話の波に乗りながら持論を展開しました。
お父さんは数回、「こんど飲みに行きましょう」と極めて日本的な
親しみのある表現をされて息子さんとともにオフィスを去っていきました。
息子さんのプランの詳細は、お父さんも積極的にアドバイスをされて、
今の原型からどのように展開されるかが楽しみです。
彼のような若い人たちが、自らの留学をバネにして、
新たなことへのチャレンジをすることに、私は賛成します。
彼の若さとエネルギーで、ぜひ失敗から学び、
こころざしを不完全であっても実現してほしいと思います。
今年の10月に、私は彼の学校を訪問することになっています。
その時、彼のプランがどこまで進んでいるか、
私が協力できることはないかなど、彼との再会を楽しみにしたいと思います。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189