留学コンシェルジュ

夏休みの最大活用

今の時期、北半球の英語圏に留学している生徒たちが続々と帰国します。
これから9月の新学期まで、おおよそ3か月の長い夏休みに入ります。
これから留学する人も、来年、卒業を控えている人も、夏休みの過ごし方が
とても重要であることに変わりはありません。
これから留学する人に伝えられることは、留学生活のルーティーンは、
日本の学校生活のそれと違って、
時間と空間の自由度がかなり制限されるということです。
ウィークデイだけでなく、週末も授業、イベント、活動などが入っていて、
一週間の勉強を挽回しようにも、机に向かう時間が確保できないのが、
現実であるようです。
すでに数年の留学を終えた人たちに言えることは、
TOEFL、SATの対策は、万全ですか、そして
エッセイ対策、出願のためのオンライン入力は準備ができていますか
ということになると思います。
いずれにしても、来る新学期に向けて、そのかたちを作っていくのは、
「あなた」自身であるということになります。
かたちをつくるための塾や予備校は、英語圏には少なく、
おおよそ自分でそれを作らなければなりません。
作ることそのものが、あなたにとっての学習に組み込まれています。
それを作る自由がある代わりに、運営する責任は自分にあります。
手探りであり、失敗も十分に想定できることも、
あなたの学習のなかに組みこまれていると思います。
この概念を受け入れるためには、
先見通すあなたの夢や希望が不可欠なのかもしれません。
すなわち、見上げられるゴールがあるからこそ、
今をどうしなければならないかがわかるのです。
「そういわれても、何も見えてこない」という留学を
控えた人も多くいることでしょう。
また、2年、3年と留学をした人も、ゴールは決めていないのが、
現実かもしれません。
そして、家にいて、日々我が子の動向が気になって仕方ないのが、
親の本音でもあります。
「これで留学ができるのだろうか」という本音を私は何度も聞きました。
答えは、もちろん「できます」です。
どのようにしたら少しばかり先のゴールを決めることができ、
それに向かえるか、親が子に応援できるベストな時期が
夏休みではないでしょうか。
帰国した生徒たちが、オフィスに訪れてくれます。
彼らに何が提供できるかを、私も一人ひとりのケースをしっかり見極めて
ゴールに向かうアドバイスを考えています。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189