留学コンシェルジュ

Cushing Academy - アートクラスについて

It is not a job but careerという言葉を私は一生忘れないと思います。Cushing Academyを訪問した際、Director of Fine Artsのボブ・ジョンソン先生が私に言いました。ボブさんのこの学校でのCareerは43年にも及びます。
ボブさんを採用したのは、この学校の当時の校長先生、ドクタージョセフ・カレーです。カレーさんは1972年から2000年まで28年間にわたりCushing Academyの校長を務めました。ボブさんを(美術)の担当教師として採用する際、カレーさんは彼に、「単なる美術教師であるならば、私はあなたを採用しない。あなたの生涯を、この学校とその生徒のために捧げてくれ」と言ったそうです。ボブさんは、カレーさんのアート教育にかける熱意と心意気に動かされて、Cushing Academyのアート教師となり現在に至っています。
Cushing Academyのアートは3つの分野完全に独立しているそうです。すなわち、ファインアート(美術、陶芸、写真)、パーフォーミングアート(音楽、ダンス、演劇)、スポーツアートです。Cushing Academyのファインアートの建物はボブさんと奥さんの牙城ですが、そこに展示されているペンダント、指輪、イヤリング、ネックレスなどはどれもボブさんと奥さんの制作したもので、驚いたことに値札がついています。
生徒の優秀作もガラスケースに整然と陳列され、それぞれが個性的な美しさと自己主張があるように思えます。絵画なども常設のギャラリーがありゆったりとした空間に展示されています。
Cushing Academyのアートセンターの廊下にこの学校を卒業してプロのアーティストとしていろいろな分野で活躍している人のリストがあります。毎年、そのリストは更新されるほど、職業芸術家をこの学校は排出しているのです。
この学校は美術に強いと思います。ボブさんを知る前から、アートセンターの充実度や空間の使い方、そしてそこに陳列されている作品からそのように感じていたのですが、今回、ボブさんと会って、この学校の美術という個性がとても生き生きと輝いていることに私は納得しました。
ボブさんによって、美術の世界で新たな自分を見出した生徒のことを思うとき、ボーディングスクールの教育の力に感服します。ボブさんの選択は間違っていませんでした。彼の偉大な功績と学校への貢献がこの学校の発展に寄与したことは間違えないと思います。
ボブさんは、現在カレーさんのお孫さんに美術を教えているのだそうです。ちなみに、カレーさんには2人のお嬢さんがいて、一人は弁護士、そしてもう一人はアートの道を歩いていて、その子どもがCushing Academyで学んでいるのです。
この学校でボブさんご夫妻と出会って、また私は新たな発見をしました。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189