留学コンシェルジュ

#7 成績証明書について―ボーディングスクールの出願プロセス

ボーディングスクールへの出願で日本の在学校から提出を求められるのは、推薦状と成績証明書です。
成績証明書はアメリカ、日本とも5段階評価です。アメリカは上から、A、B、C、D、Fですが、日本は5、4、3、2、1となります。アメリカでは絶対評価が完全に根付いています。ボーディングスクールでは、AからFまでの評価の基準が完全に公開されています。それを満たしていれば、クラス全員がAということもあり、またその逆も起こります。
日本の場合、絶対評価になりつつあるようですが、現実は相対評価といえるのではないかと思います。すなわち、クラス内で5から1までのパーセントが決まっています。
努力を正当に評価するということにおいては、絶対評価のほうが生徒にとってはわかりやすいと思います。
成績証明書の書式は、アメリカの場合、決められていません。標準となるようなフォーマットもありません。各校が独自に成績証明書を発行します。日本の場合、成績証明書は共通であると思いますが、そのすべてを英語に直す必要はないので、英文の書式を作り、それに記入してもらうという方法を取っています。
ボーディングスクールの出願で成績証明書の提出で留意しなければならないのは、合格後にその学年の確定した成績証明書の提出を求められるケースがあることです。日本では、出願から合格までの時期がそれほど長くないために、このようなことは起こりませんが、アメリカでは出願時から合格発表までに最大で6か月あまりもかかるので、合格してからも学校での勉強は油断できません。
合格後でも成績表を提出させるボーディングスクールの教育に対する考え方は、学校生活の日常を大切にするということに基づいていると思います。また、アメリカでは大学受験においても、同様に合格後に最後の学年の確定成績の提出が求められるだけでなく、その成績がたとえばDであれば、合格を取り消すということを明記している大学も珍しくはありません。
試験の結果だけで合否を決めないアメリカの教育システムですが、日々の学習を大切にするというその姿勢は、日本の生徒たちも学ぶところがあると思います。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189