留学コンシェルジュ

日曜コラム 健康維持のために

先週の日曜コラムの続きなのですが、左肩の激しい痛みが和らぎました。
早朝の運動で左手だけで竹刀の素振りをやめ、剣道の基本稽古の時も
左手一本での練習をやめ、体のバランスが戻ってきたのだと思います。
先週、バランスのよい運動をこころがけ、力まかせの運動は止めました。
しかし、いままでづっと続けてきたことをやめるのは、
相当な意思が必要なことも解りました。
たとえば、昼の皇居マラソンですが、今まではタイムを計っていました。
3年ほど前だったと思いますが、25分10秒という記録に驚くと同時に
「やればできる」ということを確信したのですが、
たまたま自分よりも少し早く走る人がいて、その人を追いかけた結果、
そうなったわけですが、それ以降、1キロをほぼ5分で走るという
記録は達成されていません。
家内に言わせると、「ナンセンス」の一言で終わってしまうのですが、
私はどうしても運動へのこだわりから解放されないでいるのかもしれません。
テニスも月に一度は私の弟やほかのテニス仲間と3時間ほどしますが、
みな腕を上げて私が勝てなくなりました。
特に、弟とは30年くらいテニスをしていますが、最近、勝てません。
彼は、ストロークプレイヤーでネットにつくことはあまりありません。
私は、彼の逆で、サービスアンドネットプレーヤーです。
負けが混むようになったのは、自身のサーブのスピードが落ちたのではなく、
弟がかなり腕をあげて、パッシングショットの精度があがり、
フォアハンドのミスが少なくなったためです。
彼の比較的短い返球にネットに誘い出されて、
絶好球を返球して、パッシングショットを決められる回数が増えました。
サーブもほとんどが返ってくるようになりました。
少し前までは、1セットでエースが5-6本あったのですが、
今は、ノータッチエースは1-2本です。
無常の認識をいよいよしっかり受け止める時期なのかもしれません。
すべてのものは、移り変わり、同じことなどないと受け入れれば、
こころと体のバランスもより良くなるのかもしれません。
家内は左肩の痛みが和らいできたときに、「心がけが良くなったから」と
言うのですが、もしかすると、力まかせにしないということは、
こころがけが良くなることにもつながるのかもしれません。
もうすぐ春です。なにごとも受け入れて、3月、4月の学校訪問を
行いたいと思います。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189