留学コンシェルジュ

日曜コラム ニュージーランドの冬

只今、ニュージーランドの南島ダニーデンにいます。
前の日、オークランドで乗り継ぎ時間が5時間あまりあったので、
地元に詳しい日本人ドライバーの人にオークランドを案内してもらいました。
街を見渡せる小高い丘がオークランド周辺にはいくつかあるのですが、
それらは大昔の火山の跡だそうです。
今でも、火口がすり鉢状になっていて、緑の草が生い茂っています。
そのなかのいくつには、牛や羊が放牧さています。
東京の感覚でいえば、皇居の北側、高台になっている武道館あたり、
北の丸公園に羊や牛がいるようなものになりましょうか。
その中には明らかに生まれたばかりの子羊や子牛がいました。
ドライバー兼ガイドさんによると、ニュージーランドでは牧畜は、
人の手を借りることなく勝手に子を産み、子どもたちは勝手に育つのだそうです。
日本から来た私と今回学校訪問をする生徒2人(姉16才、弟13歳)は、
「そんなことができるの・・・」と大変な驚きです。
自然の摂理からすれば当たり前、人の立場からみれば驚異かもしれませんが、
どちらが本来の姿かということを考えると、「目から鱗」でした。
ガイドさんに案内してもらったオークランドの街から海岸線を
15分ほど走ったところにミッションベイという地域があり、
そこで昼食をとりました。
ガイドさんの勧めに従って、私たちはムール貝のボイルを頼んだのですが、
屋外のカフェで目の前は海、日本の秋の気候で湿度が低く晴れ、
まさにイタリアにいる気分で、とても美味しくいただけました。
日本と同じく周囲が海に囲まれているニュージーランドは、
魚介類がとても新鮮で美味しいのです。ガイドさんによると、
世界で一番スシを食べる割合の高い国はニュージーランドだそうです。
日曜日のダニーデン、今日は曇り空ですが、雪の降る気配はありません。
東京の冬と比べるとこちらの方が常緑樹がはるかに多く、
3-4°気温も高いようです。
今日は、午前中、こちらで4月より留学を始めた生徒のホストを訪問し、
午後はオタゴ博物館でオタゴ大学に今年入学した私の生徒と会います。
先輩にあたる生徒たちから、素直にいろいろと話を聞いてほしいと思い、
これから留学を決断する生徒たちに会ってもらうことにしました。
現役の二人には、快く日曜日の時間を割いてもらって感謝しています。
さて、この話し合いはどうなるでしょうか。私が注目したいのは、
これから留学する生徒たちが、すでに留学している人たちにどのような質問を
するかということです。
今日一日、子どもたちために動き回ります。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社KITE小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ運営(株)KITE〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189