留学コンシェルジュ

ニュージーランド留学 こころが落ち着くところ

今週は、ニュージーランドのダニーデンを3人の生と共に訪問しています。Otago Boys High School、John McGlashan College、そしてColumba Collegeを訪問しました。3校とも海が見渡せる高台に位置している学校です。
今日、金曜日はニュージーランド、国民の休日です。ほとんどの学校が昨日で第一学期(四期まであります)が終了し4月の第2週までの休みに入ります。
今週のダニーデンは天気に恵まれました。Otago Boysから5分もかからない高台にあるPacific Park Motelに滞在しているのですが、カラッと乾燥した朝、夕にジョギングを30分くらいしても汗をあまりかくことはありません。14-15°の気温だと思います。
ニュージーランドにくるといつも感じるのですが、この国人たちはとても親切な人が多いのです。
ダニーデン空港に降りて、レンタカーを借りて、兄、妹、弟の3名を乗せて、ダニーデンの住宅地のホームステイ宅に彼らを預けて、自分のホテルに向かおうとしたら、カーナビが作動しません。周囲は7時を過ぎて、そろそろ日暮れです。ホスト宅に戻り、ご主人にヘルプを求めました。
市内にあるハーツレンタカーの事務所に案内してもらいましたが、すでに誰もいません。仕方なく、空港のハーツ事務所に連絡したところ、8時半までオフィスにいるということなので、27キロの道をドライブするしかありませんでした。
ホストのご主人に同行をお願いしないと空港までの道順が定かでありません。無理なお願いですが、彼は、自分のスマホからナビを探し出して、空港までの道のガイドにセットして私に貸してくれました。
オフィスが空いている時間に間に合い、無事に新たなナビに取り換えることができました。機能しないナビに最初は、怒りの感情さえわいてきましたが、新たなナビを受け取ることができたのと、周囲の親切心に、怒りの気持ちはどこかに霧消しました。
「やれやれ」でした。
Pacific Park Motelに到着したのは、予定よりも3-4時間あとになりました。ニュージーランドドルはキャシュと電信送金のレートは7-8円もちがうので、今回、こちらの学校にあらかじめ送金をしておいて、到着したら受け取る段取りになっていたので、支払は明日でもいいかとフロントの係り(たぶんこのモーテルのオーナーです)に尋ねると、「もちろん」とのことでした。アメリカの場合、例外なく、チェックインの時にクレジットカードの提示が必要ですが、ここではそれもありません。
部屋の照明の一部にまだ、白熱球が使われています。窓を開けておくと、ハエが飛んできます。
ニュージーランドは、私にとって、こころが落ち着く場所です。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189