留学コンシェルジュ

日曜コラム―体のバネと心のバネ

人は年を取ると体力が衰えます。
体のバネは二十歳ころをピークに徐々になくなっていくと言われています。
それに比較すると、心のバネは体力のような加齢による
目に見えるような着実な衰えは無いように思います。
それは、年齢に関係なく急速に衰えたり、
あるいは若返ったりするものかも知れません。
学校訪問の折、同行したドクターをしているお母さんから
伺ったのですが、病気の原因を作っている要素のかなりの部分を
ストレスが占めているそうです。
心の健康がことのほか、重要であることを思い知らされました。
体力の維持と心の力の維持がバランスよく保たれることが理想
でしょうが、現実は理想どおりにはいきません。
特に、社会に出てからは、心と体の健康優先順位よりも仕事のほうが
優先される場合が多いように思えます。
若いうちは、心も体もバネが効きますから無理も出来ます。
そうすることで、ストレスフリーの自分を作り出しているのかもしれません。
体のバネは50歳を超えて維持することには限界があると思いますが、
心のバネはとても柔軟で年齢に関係ないような
評論やコメントに接することがあります。
精神を若く保つことは、素晴らしいことですが、問題解決については、
必ずしも、長い人生経験が功を奏するとは限りません。
問題の本質やその対処手順が若い時よりも見える分、
それに向かう心のバネが徐々に柔軟性を失うことも考えられます。
やることに追われていると、その忙しさで心のバネが
無感覚になることもあるように思います。
自身の持っている経験や知識は、都市と共に人や社会と共有することが
貢献という価値観に繋がっていくのかも知れません。
そうすることで、心のバネの柔軟性を保つことができればと思います。
あくまでも客観的に、冷静に、自身を見つめられたらと思います。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社KITE小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ / 運営(株)KITE〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189