留学コンシェルジュ

日曜コラム 秋の学校訪問シーズン

例年に比べて寒さが早くやってきたような気がします。
今年、我が家の西側に植えられたゴーヤが平年と比べて不作だったことは、
さきの日曜コラムで書きましたが、いつもの年であれば
10月半ばに枯れるところが、今年は半分枯れてしまいました。
英語圏の国々も今年は例年よりも寒いのでしょうか。
マサチューセッツ州にわが子を留学させているお母さんから、
「来月末には初雪」とのメールをいただきました。
この時期は、アメリカ東海岸への学校訪問で忙しくなりますが、
北海道と同じように、ボストンやニューヨークも寒い季節がすぐそこです。
月曜日からの学校訪問では、アメリカの東海岸と西海岸で合計6校を訪問します。
マサチューセッツ州、から長躯メリーランド州まで南下し、
そこからナイアガラの滝で有名なニューヨーク州バッファローまで走ります。
その距離、335マイル(536キロ)です。
長い距離を走るときは無理せず、2日に分けて走るようにしています。
また、ドライブの好きなお父さん、お母さんであれば、交互に運転をします。
この時期、アメリカ東海岸も紅葉には少し早いですが、広大な大陸を
ドライブするたびに、その国土の広さと自然の大きさに感動します。
多くの学校訪問をしたご家族が「来てよかった」と言ってくれます。
そのコメントが、私の元気意識を加速します。
今年は12月までにこれから5件の学校訪問が予定されています。
2回訪問する学校もあります。
私にとっては、それぞれの学校訪問がそれなりに新鮮です。
訪問する度に新たな情報があり、新たな出会いと景色があります。
毎回、決して同じではありません。それ故に、私にとっては、
学校訪問という旅は、コンサルタントとしての精神の糧と言えます。
英語圏の国の人々は、転職が常識です。
一つの職場の滞留期間は私の経験ではおおよそ5年です。
そして、みな場所と立場を変えていきます。
その度に私は彼らの家族、組織、そして人生を想像します。
余計なことかもしれませんが、日本の家族、家庭の作り方とは違う彼らの
人生設計から私は異文化を学ぶことができます。
今年の秋はエキサイティングなものになると思います。
また、新たな情報を皆さんにお届けすることを楽しみに、
学校訪問に出かけたいと思います。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189