留学コンシェルジュ

創造力を引き出す工夫 ― ボーディングスクール留学

ボーディングスクールでは、生徒たちの創造力、独創力、個性を引き出すための様々な工夫が見られます。そのなかで学校として特に力を入れているのが、世界の国々からの留学生の受け入れです。
留学生を受け入れることと生徒たちの創造力との関係ですが、異文化を受け入れることによって、多様な価値観を生徒同士が発見したり、尊重したりすることに結びついています。ボーディングスクールでは、インターナショナルデイというイベントの日を設けている学校が多くあります。その日には、各国からの生徒が自国の文化的な事柄を学校内で紹介します。その中でもきわめて解りやすく、人気なのが食文化です。
この日には各国の食べ物がそれぞれの国から来た生徒によって披露され、提供されます。当然のことですが、日本食はとても人気があり、好評なので、この日には、普段勉強や言葉の面でハンディのある日本人生徒は自己アピールをする絶好のチャンスとなります。
このチャンスをうまく利用するかどうかがとても重要です。プレッシャーや失敗したらどうしようというネガティブ思考に捉われずに、やってみるというアクションを起こすことで、自分ができる範囲が少しずつかもしれませんが、拡大していきます。そのようなチャレンジの繰り返しが創造力や個性を育てる温床になります。
創造力、独創力をはじめから備えて生まれてくる人は、ゼロではないのでしょうが、きわめて稀だと思います。そもそも創造力に長けている人はそれなりの努力やチャレンジを日常で繰り返していることは間違えありません。その繰り返しが、リスクを取ることや、失敗した時のリカバリーにも続いていくと思います。
ボーディングスクールの先生たちは、子どもたちの創造力、独創力、個性を伸ばすために基本として、make a differenceをよしとしています。更には、それを伸ばすために日常生活のなかでおおくのことを子どもたちに教えます。
それを利用するか否かは生徒の選択であり、ボーディングスクールにおいては、強制的に何かをやらせられるということはとても稀なことです。すなわち、小さなうちから自分で考え実行することを習慣づけることによって、子どもたちそれぞれに内在している個性を彼らに認識させ、ひいては、独創性を発揮できる精神的基盤を作るのがボーディングスクール教育の重要事項といえます。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189