留学コンシェルジュ

日曜コラム ボストンにあるPier 4レストラン

今週はアメリカ東海岸にいます。
むせ返るような暑さと、蝉のやかましい鳴き声が響く日本からからひと時離れ、
湿気がなくコンクリートの照り返しがなく、好天に恵まれた
アメリカ東海岸の北部の平野を毎日ドライブしています。
去年の12月に生徒と二人で行ったボストンにあるPier4というレストランですが、
その時に食べたボイルしたロブスターがとても美味しかったので、
今回も行ってみることにしました。
Fay Schoolでのスケジュールが早く終え、次の学校、
Groton Schoolへの訪問を繰り上げてもらうことができ、
そこで、Pier 4の住所を聞いてレストランに向かいました。
ボストンのダウンタウンを抜けて目的地のPier 4に到着し、
駐車場を管理するおじさんにPier 4の所在を確認すると、
「1年前にクローズしたよ」とのこと。
私が去年の12月に生徒と二人で行ったはPier 4 Caféと呼ばれている支店でした。
今は、本店がクローズされて、支店のみでの営業になっていたというわけです。
本店に最後に行ったのは、3年くらい前だったかもしれません。
大統領、著名人、映画俳優などの写真が並べられていたPier 4レストランも
今はありません。グローバルの波に飲まれた、あるいは時代の流れに
そぐわなくなったのかもしれません。
諸行無常のひとことに尽きると思います。
営業しているPier 4の住所を管理人のおじさんに聞き、
丁寧にお礼をして、チップを渡し、私たちはボストンのダウンタウンを
遠くに見る砂浜の端にあるPier 4 Caféに30分ほどで到着しました。
すでに3時を回っていたので、広いレストランにお客様は私たちだけでした。
初めにマッシュルームのオリーブオイル漬けがお通しとして出されました。
若いウェイターのアンソニーは、親切で愛想がよく、いつも笑顔でしたが、
10歳の今回の学校訪問の主人公の生徒さんが、このマッシュルームを
とても気に入り、「お母さんに日本で作ってほしい」。
では、ということで、私はアンソニーに
「このマッシュルームの作り方を教えてもらえないだろうか」尋ねました。
「Um・・・・・、I’ll do my best」といって彼は下がっていきましたが、
5分ほどで、完璧なレシピを持ってきてくれました。
さらに彼は、「漬けるには2日かかるけど、急ぐときはボイルすれば5分でできます」
とつけ加えてくれました。
夏の時期だったので、ボイルしたロブスターは身が固く、
冬とは全く違った味でした。
しかし、アンソニーのマッシュルーム漬けレシピは、
同行したご家族にとても喜んでもらえました。
ロブスターを食べるのは、冬の時期をお勧めします。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189