留学コンシェルジュ

IVYリーグをめざすために  ボーディングスクール留学

ボーディングスクールの教育においては、「徹底して教え込む」というコンセプトはないように思います。「試験に受かるためにこれだけ覚える」という学習方法がありません。なぜならば、世界のトップと評価されるアイビーリーグ校が独自の「試験」を課さないからです。アイビーリーグ校のみならず、世界で著名な大学で独自の試験の結果で合否を判断する大学はありません。
では、世界のトップ大学への入学には何が必要なのでしょうか。それらの大学に合格できるのは、総合的に優れている生徒です。では、総合的ということの具体的な要素は何でしょうか。少なくとも、学習力だけが秀でていてもそれだけでは、世界のトップ校には入学できません。
ボーディングスクールがカレッジプレップと呼ばれる要素は、世界のトップ大学に合格できるような総合力を養うことにあります。この総合力は特別な能力一点のみを伸ばすだけでは不十分なのです。
日本の場合、試験に受かることが大学受験においては最優先させられていますから、当然その結果を出すことが学校の使命となります。ところが、教育ということの使命を考えた場合、試験の合格に優先されるべき事項と教育という広大な広さと奥行を持つ人の知的活動は必ずしも一致しません。
いつの間にか、試験至上主義に陥って、合格、不合格が価値判断の基準となり、その流れに乗れない生徒や乗りながらも異議を唱えたり、少し道に外れる好奇心を持ったりすれば、学校においては修正を求められるという環境では、総合的に秀でた人を育てることの妨げになるのではないかと思います。
中学生がボーディングスクールへ留学すると、必ず異文化の洗礼を受けます。受け身の学習から能動的学習への転換です。今までの待ちの姿勢から、動への切り替えが日本からのすべての留学生の課題といってもいいと思います。
やるべきことを自分で決めて考える、考えたことを立証するために調べる、調べて検証する、そして結論を出す。この一連の動作は日本でいままで自分がやって来たどこのプロセスにもないことです。
生徒たちは行き詰まり、多くの場合、無意識に自己弁護をしますから、周囲のいい加減さや自分への無関心などを挙げつらねるということもあります。無理もありません。今まで、ほぼすべては計画され与えられてきたのですから。
(つづく)

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189