留学コンシェルジュ

使える英語力を身につけるために ボーディングスクール留学

英語力を自分の一生涯の知的な財産とするために、また、就職時に自信をもって「英語ができます」と言えるために、最も必要なことは、正確で適切な文章表現ができるかどうか、そして英語が適切なスピードで読めて、その内容を理解できるかどうかです。
英語がしっかり読めて、理解できることは、日本の中学校以上の学年でこれからの教育課題として重視されている内容ですが、書くことや、聞く、話すという分野は、読むことほど取り上げられていないのではないかと思います。
中学校時代の留学は日本の英語学習では、到底補いきれない英語による自己表現、そして英語のコミュニケーションスキルを無理なく上達させます。日本でそれらの英語技術を学校での学習と並行しながら達成しようとしても、生活のなかで英語を使う必然性がないために、学習だけに知識が偏ってしまいます。結果として、コミュニケーションスキルも自己表現においても、学びが一方通行にならざるを得ません。
コミュニケーションは双方向であって初めて、そこに喜びや楽しみの感情を移入できます。そして、良いコミュニケーションは、もっと良く知ろう、もっと良く、正確に相手に自分を伝えようという意欲をおこします。これは、単調な学習からでは、得られない知的満足度、充実度があると思います。
英語圏の中等教育においては、絶対的な学習量の多さが問題にされたり、重視されることは日本ほどはありません。土日も休まずに、塾や家庭教師などの補習学習で、覚えることに集中するという概念が英語圏にはないのです。
では、一体ボーディングスクールおよびジュニアボーディングスクールに留学する日本人生徒たちはどのようにして英語力を完成するのでしょうか。
第一に、24時間が英語という学習環境が留学生に英語を学ぶ機会を十分に与えることができます。この学校社会の中で、先生と生徒が生活するわけですから、机に座って、覚え込むという作業よりも、生活のあらゆる場面で学習の機会は与えられています。
第二に、生徒たちが興味を持つスポーツや音楽、芸術、課外活動にも学習と同じくらいの重点が置かれています。そうすることで、生徒のやる気を最大限に引き出しているわけです。
第三に、生徒の質問や疑問に先生が答える機会が充実されています。少人数制の授業、夕食後のスタディーホール(自習時間)などで、疑問はなるべく早く解決するという教える側の姿勢が明確です。
このようなボーディングスクールの環境が留学生に対して、使える英語力の完成に十分に貢献しています。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189