留学コンシェルジュ

学習と文化の基礎- 小学・中学留学

小学、中学では「留学するにはまだ早い」と多くのご家族は思います。留学は義務教育を終えてからと考えるのが一般的であると思います。しかし、これからの世界の教育事情を考えると、小学校の高学年くらいから、留学を考え、サマースクールなどで、留学適性を判断して、長期留学は中学校からというのが、英語習得面、また日本と英語圏の文化、習慣を身につけるうえでも、無理のない選択ではないかと思います。
小学校で準備をして、中学校で留学を実行した場合、留学する本人は、親と離れて生活をすることになるがゆえに、親子の絆がとても重要になります。年齢が若い分、語学の習得やそれに伴う他の科目の内容を理解することも難なく適応するのですが、本人の精神的バックグラウンドは、日本の文化習慣が基本になっています。
本音とたてまえの区別、周囲への気遣い、和を大事にする考え方、礼儀作法、勉強方法など、留学生活では日本で身につけ、学習した内容を、刷新するようなことも多々あると思います。
しかしながら、新たな生活によって、留学した本人が獲得する知識や情報によって、それまでに身につけたものが打ち消されるというわけではありません。日本の価値観と新たに獲得した英語圏での価値観を、状況に応じて適宜、切り替えられるということです。
その具体例として、私は留学生たちと話すときは、当たり前ですが、日本語で話をします。英語のほうが便利な生徒もいますが、日本語理解できない人がいない限り日本語で話し、英語は使いません。その理由は、英語で話すと価値観が英語にスイッチされてしまい、表現そのものが変わるので、お互いに会話がしっくりこないのです。
留学生の在学校を訪問して、先生がいる場合は、もちろん英語で話しますが、二人だけの時は、「調子はどう」などと、日本語の世界、その文化、価値観に習慣的にスイッチする自分を感じます。
文化のベースというのは、とても大事と思います。それは、「勉強」されて身につけるものではなく、日々の生活のなかから体得されていくものです。ですから、私はそれぞれの家族がもつ「文化」を支えている人々すべてが、留学生をいろいろな面で支えていると痛感しています。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189