留学コンシェルジュ

アメリカの入試システム―小学、中学、高校留学

塾や予備校という教育文化のない英語圏の国においては、学校での学習の仕方がとても大切になります。また、大学入試も日本のようには、大学が個別に準備する試験がありませんから、高校での生活そのものが入学審査の対象となります。
高校生活とは、学業のみではもちろんありません。その他の活動も重要です。たとえば、スポーツ、音楽、芸術でどれだけの実績があるかどうか。学校活動にどれだけ従事したかどうか、そして基礎としての国語力、数学力が問われます。
アメリカでは、国語力(英語力)と数学力の基礎はSATによって計られます。単語力、文章読解力、文法的な知識がSATの英語テストで問われるわけですが、SAT対策というのは、どこの高校でもそれほど多くの時間を割きはしません。ボーディングスクールにおいては、SAT対策は外注する場合も多いのが現実です。
SATはアメリカでは全国的な基準です。ですから、その問題は基本的には高校時代に学校で学ぶ内容を網羅しているようです。特定の大学のための試験ではないので、高校でしっかり学んでいれば、かなりの高得点も取れます。それ故に、アメリカのアイビーリーグ大学を目指す生徒たちは、SATは満点に近い点数を取ります。すなわち、SATという試験では、生徒の合否を決めることができないと言うことになります。
この傾向はアイビーリーグの大学に限らず、著名な州立大学、また有名私立大学でも同じような傾向があります。アメリカの場合、SATの問題を難しいものにすることも、各大学が個別に試験を作るということもありませんでした。基礎学力をSATで計り、あとは、それぞれの生徒の個性的特質をその他のデータに求めていったのです。
アメリカの大学入試では、高校時代の学業成績、自分の考え方を示すエッセイ(日本の小論文に相当)、学業外の実績、先生からの推薦状による総合ポイントによって合否が決定されます。そのために、偏差値といういわば学力だけの数値化という試験文化が発達しませんでした。
そのよしあしは別として、アメリカの大学に行きたければ、その入試システムをしっかり理解しなければ、うまくいきません。
そして、この大学入試のシステムは、ほぼボーディングスクール入試にも当てはまるのです。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189