留学コンシェルジュ

小学、中学、高校留学 - 英語力を獲得するために2

<昨日のブログに続きます>
英語力へのニーズが必須となっている日本の就職戦線にもかかわらず、英語が話せて、仕事で十分に使える人がとても少ないのが日本の現実です。「英語が話せたらどれほど素晴らしい」と感じる人は、年齢を問わず、かなりの数になると思います。そうでなければ、英会話スクール、英語学校、英語教材、語学留学などがこれほど長期に渡って繁盛するわけがありません。
小学校の英語教育は、英語に親しむこと、中学校から高校は受験英語、大学になったら英語の専門分野等の研究は別として、実用英語と初等、中等、高等教育において、英語力を獲得する目標がばらばらであるがゆえに、日本の場合、それぞれの段階で獲得した英語に関する知識がうまくリンクしていません。また、それに対して、親も生徒自身も文句を言いません。
結局、社会人となったときに、改めて実用英語を学ばなければならないのが今の英語教育の現実ではないでしょうか。
中学、高校への留学をお世話していると、すべての留学生が1年ほどで生活に必要な英語力を獲得することがわかります。より詳しく言うと、留学当初の1か月は混沌です。英語が念仏のように聞こえ、意味は全くといっていいほどわかりません。その状態から、ぽつりぽつりと意味が解るようになるのが3か月、6か月もすると、理解の範囲が格段に広がります。そして1年くらいで、日常、不便を感じなくなるようです。
この段階までは、英語文法の知識はほぼ無関係です。そしてここまでは、成績の良い生徒も悪い生徒も同じような経過を歩みます。成績の良い生徒は、勉強量も多いために、留学安定期となる1年以降から底時からを発揮しますが、留学してから半年くらいは、異文化適応性は、成績には反映されません。
生涯使える英語力を獲得したいと思えば、やはり英語圏の国々でまとまった期間学習するのが最も効率的であると思います。長さは1か月でもいいと思います。小学生の高学年くらいから「必ず単身」で語学研修をスタートして、それを毎年、夏に繰り返すことで、英語を「使う」ことに抵抗がなくなれば、実用英語の基礎を作ることができるでしょう。
その次の段階は、中学、高校時代での長期留学となります。
つづく

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189