留学コンシェルジュ

逆境の価値と順境の怖さ

逆境という普段の生活ではなかなか作りえない状況を
留学は簡単にしかも、合理的に演出してくれます。
逆境を受け入れて、どのようにして、自分をそれに適応させていくか、
そのプロセスを学ぶことがいかに人生において大切かを親は
子どもに教えてあげたい。
ところが、今の学校生活においては、その環境は
願ってできるものではありません。むしろ、順境を少しずつ、
大学受験に向けて積み重ねていって、その厚みを増し、結果を出すことに、
おおかた目標が定められていると考えて間違えないと思います。
順境のなかでの学習は、生徒たちに自らの思考を停止させ、
与えられた課題をいかに処理するかに集中するがあまり、子どもたちが
本来持っている好奇心や冒険心などが日々のルーティーンによって、
退化させてしまう可能性があります。
学ぶことの価値が今、問われています。知っていることと、
それを生かすことを並行して考え、子どもたちに学習に対する興味を
喚起しないと、「つまらない勉強」という意識で
10代の多くの時を過ごさなければなりません。
逆境を活用することで、それは可能に思えます。
異文化のなかでの生活は、子どもたちに逆境体験の価値を素直に与えてくれます。
今まで、学習に関しては、ほぼすべてを与えられていた環境から、
自分で考える環境へと変化していきます。
ただ、教えられるだけではなく、どうしたら、言葉が学べるかと
自ら思考し、それを実践し、失敗し、あらたな挑戦をするという
いわば社会人として多くの人々が身につける自分にとって価値のある人生を
安全な環境で、多くの先生が見守るなかで無意識に実践するのです。
思考の柔軟性が求められます。学習という単純な自助努力だけでは、
この難関を切り抜けられないと彼らは直感します。
そこで、自らの発信することの必要性と大切さを学びます。
人の力を借りるために、言葉を超えて、人と付き合うにはどうしたらいいか。
自分を相手に知ってもらうための有効な手段とは何かなど、
考えることの積み重ねが、異文化の中での自分を大きく育てていきます。
つづく

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189