留学コンシェルジュ

◆スイスボーディングスクール College Du Leman

ジュネーブ郊外、空港からは車で30分とかからないVersoix(ベルソア)にあるCollege Du Lemanは創立年が比較的若い割には、スイスボーディングスクールのなかで、日本人留学生受入れ実績の多いボーディングスクールといえます。
基本データは下記のとおりです。
創立年:1960年
学年:幼稚園~12年生(高校3年)
総生徒数:2220名(寮生250名:6年生~12年生)
生徒の国籍:60か国あまり
年間授業料(寮費、食費を含む):88000フラン
学習可能な外国語:英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、イタリア語等
高校終了資格:アメリカ高校卒業資格、IB(国際バカロレア)、フレンチバカロレア、スイス連邦マトゥーラ、IGCSE(イギリス前期中等教育学力試験)
この学校の特徴は、ジュネーブ近郊にある国際機関、多国籍企業で仕事をしている家族の子弟の多くを受け入れているところにあると思います。スイスにある他のボーディングスクールに比べて、初等部、中等部の生徒数がとても多いのは、ジュネーブという国際都市から通学可能で、IBプログラムのみならず、英語圏のメジャーなアメリカディプロマとイギリスのIGCSEのためのカリキュラムを持っているインターナショナルスクールであるという理由にあります。
学校創立当時は、ジュネーブが国際都市としてその機能、役割が認められつつあった時代です。アメリカを中心として、インターナショナルスクールのニーズが増加するのは当然であり、その流れのなかで、成長していった学校といえます。
正確な数は確認していませんが、初等部に通う日本人留学生は、中等部の日本人寮生よりもはるかに多いと思います。すなわち、ジュネーブに根拠地を置く日本の企業や国際機関に出向しているあるいは、そこで働く日本人子弟が通うのに適した立地条件と、英語力がない子どもたちのためにESLクラスを用意していることがこの学校のアドバンテージといえると思います。
創立当初より、アメリカンディプロマ方式の教育、そしてイギリスIGCSEを基本としてきましたが、その後、IBプログラムのヨーロッパでの普及に伴い、もちろんこの学校にも導入されました。
入学難易度は、アメリカボーディングスクールの基準を使うとランク3に相当します。英語力が無くても、ESLクラスがあるために入学は可能です。しかし、卒業するためには、学内で定められている英語力の基準をパスしないといけないために、入学してからしっかり学習しないと留年という可能性も十分に考えられます。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189