留学コンシェルジュ

◆スイスボーディングスクール Lyceum Alpinum Zuoz

Lyceum Alpinum Zuozは、スイスの東側オーストリアとの国境近くに位置しています。Zuoz(ツォーツ)という地名をそのまま学校名としています。この小さな町の標高は1750メートルあります。Zuozの近くには国際的な避暑地であり、ウィンタースポーツでも有名なサンモリッツがあります。
日本からはチューリッヒ(スイス航空直行便あり)までが空路、そこから電車なら2回乗継で2時間半ほどです。
下記、学校の基本データです。
創立年:1904年
学年:6年生~12年生(高校3年生)
総生徒数:320名
生徒の国籍:33か国
寮生徒数:220名
年間授業料(寮費、食費を含む):70700フラン
先生対生徒比:1:5
学習可能な外国語:ドイツ語、フランス語、スペイン語、イタリア語、中国語、ラテン語
高校終了資格:IB(国際バカロレア)、ドイツ・アビトゥーア、スイス連邦マトゥーラ
この学校はスイスボーディングスクールのなかでは珍しく地元から通いの生徒が100人ほどいます。ドイツとスイスの中等教育終了資格が取れると同時にIBプログラムを有しているユニークなインターナショナルスクールです。
ESLクラスは9年生までの生徒に提供されていますが、10年生以降、日本で言うところの高校3年間は、日本からの留学生の場合はIBプログラムに特化して授業が行われます。したがって、日本人留学生の場合、10年生となって初年度からIBプログラムを行うためには相当な英語力が必要なため、9年生からの入学となります。もし、ESLなしで10年生からの入学を希望するのであれば、TOEFL80点以上の英語力が必須となるでしょう。
入学に際して必要なのは、在学校からの成績証明書、推薦状、学校指定の健康診断書、審査料1500フランです。日本からの留学生はとても少ないために入学難易度は9年生であればそれほど高くはありません。しかし、インタビューは必ず行われますので、志願者は最低限自分自身を英語で表現し、相手の質問に答えられるだけの英語力が求められます。
学校が位置しているZuozはドイツ語圏です。アルプス山脈の中腹にあるこの学校は4月でも学校近隣のスキー場でウィンタースポーツが楽しめますが、年間300日ほどが晴れの日だそうです。
教室、寮、室内体育施設、講堂などはすべて連結されて建てられているので、真冬でも外に出る必要がありません。また、寮施設はしっかり管理されていて、生徒の部屋も整理整頓がなされています。食事もサラダバー、5種類ほど選択できるホットミール(調理食)、スープなどとても美味しく、アメリカのボーディングスクールよりも美味しいと思います。
ヨーロッパのドイツ語圏の小さな古い町にひっそりと建つLyceum Alpinum Zuozは勉強に集中できる環境で比較的入学難易度も9年生(中学校3年生)であれば高くありません。スイス留学を検討しているご家族には必見の学校であると思います。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189