留学コンシェルジュ

★ボーディングスクール留学 ― 出願のための作文4 その書き方を具体的に

<昨日のブログより続きます>
ボーディングスクールが徹底してあなたのことを知りたがるわけですから、「あなた」の性格、隠れた能力、特技などを文章で表現する絶好の機会をボーディングスクールから与えられたと志願者は心得て、作文を楽しむ意識を持たないとエッセイには取り組むことが苦痛になるでしょう。
もちろん、ランク3のボーディングスクール群はランク4ランク5のようにはエッセイを要求しませんが、アメリカのボーディングスクールを目指す以上、折に触れて自分の表現、意思表示が求められることに変わりはありません。
以下、具体的に質問に対して何をどのように書くかを考えてみたいと思います。
★あなたは何をすることがとても好きですか
(例)まず好きなことを述べます ― 私は旅行がとても好きです。
●次にその理由を述べます ― 自分の知らないところに行くことでたくさんの発見があります。たとえば・・・
●さらに他の視点から考えます ― 旅は私にとって自分へのチャレンジでもあります。目的地までどう行くかを考えたり、次の場所までどのように移動するかを考えたりすることで、旅行の前からすでに楽しい時間を過ごすことができます。
●他の理由も加えてみます ― 旅行には新しい出会いもたくさんあります。旅先で知り合う人たちは、自分にとってはそのほとんどが今まで知り会ったことのない人たちです。その人たちと共通の趣味や興味について話したり、一緒に食事などをしたりしながら語るのはとても楽しいことです。
●結論です ― これからも私は旅を続けたいと思います。そして、ボーディングスクールへの旅ほどわくわくするものはありません。
それでは、上記を英語で考えてみます。
○I like traveling very much.→好きなことをそのまま表現します。
○I could find a lot of new things, amazing ideas when I travel. For example…→具体的に例を述べることで、自分の「好き」ということを表現します。
○Traveling is a challenge to myself. Planning the route to destination and arranging transportation are part of the travel for me. I have to think carefully so that I can make the most of it.→視点を変えて旅行のプランや手配などを考えるとこの場合しましたが、楽しめること、わくわくすることを広範にひろって表現すればいいわけです。
○I can enjoy meeting with people when I travel. On a bus, on a train, and on an airplane, there are lots of opportunities to meet with people who could share the same hobbies, interests, and ideas. How enjoyable to talk with them about the topics we share.→本当に旅が好きであれば、自分の経験からいくらでも楽しい内容を表現できます。
○I will continue to travel. I look forward to my next travel to a boarding school which will be a part of life time journey.→結論です。
私の友人で日本でのアメリカ大学留学コンサルティングの第一人者が、アメリカの大学入試でのエッセイの重要さを大変強調していました。日本とアメリカでは受験文化が違いますから、単純比較はできません。しかし、アメリカの入試では、大学でも高校でも本人の読む力と書く力を徹底的に試されることは確かであると思います。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社KITE小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ / 運営(株)KITE〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189