留学コンシェルジュ

ボーディングスクール留学 ある大学の意識調査

2年前ほどのデータになりますが、ある大学の意識調査によると、
現役新入社員の終身雇用希望は70%に上るそうです。
10年ほど前の同様の調査が50%強という数字に比較して、
現代の若者の安定志向が明確になります。
不安定な時代だからこそ、安心がほしいということでしょうか。
しかし、終身ということになると30年以上同じ会社で仕事をするわけです。
今の時代、30年以上にわたって、仕事が確保できる保証は、
とても困難なことに思えます。
むしろ、この終身雇用の希望というのは、自分の好きな分野を追及すること、
ひとつのことに打ち込むことと解釈したいと私は思います。
あるお母さんから聞いたのですが、
仲の良いお母さん方が集まって、大学、就職の話になったとき、
その中の一人の「わが子の教育プラン」は、
一貫校から大学に行き、そこである特定のスポーツをやる、
そして、そのスポーツクラブの先輩ネットワークをつかって、
就職するということだそうです。
バブル崩壊前であれば、通用した考え方かもしれません。
しかし、現代においては、先輩がその会社にずっといるかどうか、
ということでさえ定かでないのが現実ではないでしょうか。
安定、保証、保護などを求めれば、求めるほど、
チャレンジ、失敗、やり直しといった概念から遠ざかり、
行動範囲が制限され、思考範囲もグローバルと反対の方向に
向かってしまうかもしれません。
これからを生きていく若い世代の人たちには、
ぜひ、チャレンジすることの大切さを学んでもらいたいと思います。
失敗しても、やり直しができて、むしろそのプロセスがないことのほうが、
自分のステップアップができないことを、体験してもらいたいと
私は思っています。
チャレンジも失敗もそれらのことに一歩踏み出す時には、
とても勇気と精神的なエネルギーが必要になります。
できることならば、避けて通りたい。
決められたことを、決められたように行うことで、
安定した方向に進んでいきたい。
しかし、そのような習慣が身についてしまうと、
そこから抜け出すための勇気とエネルギーは年を追うごとに
大きくなっていきます。
チャレンジも失敗も小さなことを積み重ねていけば、怖くもないし
エネルギーや勇気もそれほど必要としません。
それが当たり前になってしまえば、より大きなことへのチャレンジも
自然とできるようになります。
10代で親から離れて、寮生活という人生への方向転換は、
それにチャレンジするだけの価値を将来に向けて投げかけてくれると思います。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189