留学コンシェルジュ

日曜コラム アメリカン・ホスピタリティー

アメリカの大学に留学経験のあるお父さんのアメリカ観は、
「無関心」、「自己中心的」というネガティブなものでした。
しかし、これからの社会を考えて、わが子のアメリカ留学を決断します。
留学当初、わが子の現地適応への戸惑いに接し、
自らのアメリカ社会での否定的経験がオーバーラップします。
お父さんは、「焦った」と思います。
その週末、アメリカに行くというところまで事態は悪化しました。
その二日後、私はお父さんと余裕を持って話せました。
本人の現地適用不良がほぼ解決できたからです。
「なぜ、二日で・・・」
解決のカギは、本人を取り巻く現地の先生、寮父母、
アドバイザー諸氏の見事ともいえる活躍にありました。
発信しようにも、どう発信したらいいか解らない留学生本人の心境を
こちらから説明しました。
彼らは、留学生のお世話の経験から、こちらからの発信を理解して、
留学生に「安心」を与える作業に入りました。
安心の本質は、周囲が「あなたに関心を持っている」
という気持ちの表現に他なりませんが、英語のわからない本人に
学校スタッフは二日間で安心を与えることができました。
そして、留学生本人からの親への悲痛な叫びが消えたのでした。
話は変わります。
ある生徒の教科書の注文のため、
アメリカの通販会社に電話しました。
営業時間は朝八時から夜九時までなので、
日本の仕事時間内に電話できました。
私のアメリカ観に、「一方的」、「自己中心的」ということがあり、
教科書の注文に関しても、正直なところ、少し不安な気持ちがありました。
ところが、電話してみると、驚きの結果が待っていました。
私の注文の一つひとつの返答や確認にすべて、「サー」がつくのです。
愛ちゃんの「サー」ではありません。
「イエッサー」です。
さらに、私が理解できないことへの説明が徹底的に親切で、
相手の苛立ち的なものが一切感じられません。
本の注文一つひとつごとに確認し数字などの間違えやすいところは、
必ず相手から復唱するのです。
そして、最後にAny other things I can do for you, sir?とくるのです。
もちろん、通話はフリーダイヤルです。
したがって、スカイプでの国際電話は何時間かけても無料となります。
私も前述のお父さんも景気の良い時期にアメリカで学んでいます。
故に、アメリカアズナンバーワン的な横柄さを
経験せざるを得なかったのではないかと思います。
良いところよりも、悪いところが印象から消せなかった、私たちですが、
少しずつ、謙虚なアメリカ、親切で、思いやりのある国となっていくような
気がします。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社KITE小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ運営(株)KITE〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189