留学コンシェルジュ

♯3 ボーディングスクール留学のための準備

<火曜日、平成最後の日のブログに続きます>
中学、高校ボーディングスクール留学の準備として、英語力について解説してきましたが、もう一つの準備として、ボーディングスクール訪問がとても重要です。日本での初等、中等教育機関への準備として学校を訪問することは、かなり優先順位の低いことのように思うのですが、留学となるとその事情は全く違います。
アメリカでは、ボーディングスクールを決める時の基本として、学校訪問を不可欠です。訪問するよりも進学実績や生徒の学力データが優先されるのは、日本での学校選定の場合です。
多民族国家ではない日本では、私立の初等、中等教育機関に通う生徒の大多数は日本で生まれ日本で育ったいわば共通の教育文化環境を持つ生徒です。それに比べて、アメリカでは、そもそも移民によって作られた国ですから、日本とは全く教育の文化や価値観が違います。彼らにとっては、たとえ1回の学校訪問でも、自らの目で見て確認し、そこで出会った人々のことを思い、最終的には、自分で学校を決めるのが当たり前とされています。
学校の評判やデータは、もちろん学校選びの参考にはなりますが、データに頼るという考えが彼らには希薄なように思います。どこで学ぶかよりも何を学ぶかが彼らの優先事項です。
何を学ぶかは、高等教育機関においては、とても重要で自分が社会にでるための有力な武器になりますが、初等、中等教育機関においては、その内容は高等教育機関のように特化されてはいません。それでも学校訪問を彼らが行うのは、自分との相性という極めて個人的で主体的な意識を大切にするからに他なりません。
訪問するというボーディングスクールのいわば伝統的な習慣は、留学生にとってより重要に思います。
学校という教育施設の構成要素、授業が行われる場所、その状況、そしてそこにいるすべての人々など、日本の学校概念では、想像外であることも多くあります。それを、ウェブのみで理解することは、到底できないことです。
つづく

関連記事

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189