留学コンシェルジュ

留学準備 9月の入学に向けて―ボーディングスクール留学

<昨日のブログに続きます>
Student Handbookを読んでおくこと、小遣いについては、アメリカでドルでの引き出しが可能なカードを作成すること、下着類は多めに持参することなどが、昨日のブログの要点ですが、今日は、フライト予約について述べます。
アメリカ、東海岸への渡航の場合、日本からの国際線が到着する空港はおおよそ下記のとおりです。
ニューヨークJFK国際空港
ニューヨークニューアーク国際空港
ワシントンDCダレス国際空港
ボストン国際空港
シカゴオヘア国際空港、デトロイト国際空港を経由してボーディングスクールに最も近い小規模空港に到着するという方法もありますが、国際線の遅れや国内線のフライトキャンセルなどで乗り継ぎができないリスクを考えると、3時間以上地上での移動に時間がかかっても、乗り継ぎをしないで学校に到着する方法を考えたほうが無難です。
学生ビザで渡航する生徒たちは、通常往復航空券を買いますが、帰国する日にちはあらかじめアドミッションオフィスに確認すれば、12月の学校終了日を教えてくれます。その際に注意しないといけないのは、国際線は通常午前中に出発するのですが、学校の終了日は午後から始まるということです。
この場合、留学生のみ午前中に学校を去ることが認められるか、あるいはその日は学校に泊まり、翌日に学校を出るということになります。
学校への終了日の問い合わせは、飛行機が出発する時間を特定したうえで問うことが必要です。
9月に入学して、12月に学校の前期が終了しますが、11月にアメリカの場合は、感謝祭休みが必ずあります。時期は11月の最終の週でその期間は一週間から十日ほどになります。
この期間は、学校寮も完全に閉じますから、通常留学生は学校に残ることはできません。その間、帰国する生徒もいますし、親が現地を訪問して休み期間を生徒と一緒に過ごすというご家族もあります。また、学校が留学生を集めて、ツアーを企画する場合もあります。11月の感謝祭休みをどうするかを、今から準備をしておくことをお勧めします。
学校寮が閉じる長期休みは、感謝祭、冬休み、春休みです。春休みは、3月3週間くらいが一般的ですが、学校によっては、2月と4月に10日程度休む学校もあります。
年間を通じて、寮が閉じる時、どこで、どのように過ごすかをあらかじめ計画しておくことをお勧めします。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189