留学コンシェルジュ

中学生の英語習得能力について

ニュージーランド留学1年半、14歳の生徒との今回の学校訪問は、
10代前半の生徒の英語力獲得の経緯について
明確に知る機会を与えてくれました。
本人から直接聞いたところによると、学校生活で
現地生徒同士の会話は、ほぼわかるそうです。
大学以降の留学では、1年半という期間で現地生徒同士の
会話を理解できるようになれるかどうかは極めに疑問に思います。
14歳の生徒とほぼ一週間をカナダで過ごして解ったことは、
本人が生活英語に関しては、全く不自由をしていないということです。
レストランでの注文、地域は限定されますが、一人での外出、
その他、空港での対応など、私のバックアップは必要とせず、
日を増すごとに、自分な何をどのように話したらいいのかを、
学校訪問においても自主的に学んでいきます。
それを証明するように訪問校三校でのインタビューでは、
本人の英語力については、申し分のない評価をいただきました。
訪問校のうちの一校からは、なんと奨学金付き合格を得ました。
その理由は、本人の順応力に対する将来への期待を込めてとのことでした。
6月で15歳になる今回の生徒ですが、ニュージーランドでの1年半で
生活英語をしっかり学び、10年生としてカナダに留学することで、
11年生からはIBカリキュラムが明確に見えてきます。
アメリカのジュニアからハイスクールとしての
ボーディングスクールへの留学という順当なコース以外にも
生活英語の基礎を、アメリカに比べて費用的に負担の軽い
ニュージーランドで行い、高校は英語圏のいずれの国でも
優位に進学できることが今回の学校訪問で証明できると思います。
アメリカの高校としてのボーディングスクールよりも
入学難易度として低いカナダのボーディングスクールですが、
大学を世界で選択するという意味においては、
カナダのボーディングスクールはIBプログラムを持っていますから、
アメリカのランク4、ランク5の学校ともひけを取らない学習も期待できます。
中学からの留学のメリット、その一つが実用英語力の短期間での習得に
あることは間違えありません。
それを高校まで継続することで、大学は将に世界から選ぶことが
本人の意思によって実現化することは明確です。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189