留学コンシェルジュ

日曜コラム 親と子

IT関連で困った時に息子に電話します。
ネットが繋がらない時の対処が電話の主たる理由です。
息子のアドバイス通りにパソコンを操作すると、うまくネットが繋がります。
ネットが繋がらないと仕事になりません。
自宅で夜、海外と連絡を取らなければならない時など、
息子のバックアップは必須項目です。
息子の生業としての養蜂についても時々連絡を取ります。
息子よりも倍くらい生きているので、社会的経験から
仕事についてのアドバイス、援助、そして時には指示もします。
我が子であるがゆえに、性格や行動の傾向は熟知していると
思い込みがちなのですが、行動するのは、自分ではありません。
従って、自分では納得のいくアドバイスを彼にしたと思っても、
彼がそれを実行しなければ、結果は出ません。
親と子であると同時に、仕事においても繋がっているので、
時として、彼の行動に対して、修正を求め、考え方を改めるように
指示をすることがあります。
養蜂は純然たる農業ですが、とても可能性のある仕事ではないかと思います。
しかしながら、その可能性を開花させるためには、
恒に考えて、知恵を絞り新たなことにチャレンジをしていく必要があります。
それを実行するのは、息子ですからメッセージはたくさんあります。
IT関連では、息子から教えられ、養蜂という仕事に対しては、こちらから教える。
親子の二人三脚もそろそろ5年目を迎えます。
これからも続くであろうこの関係が10代の子どもたちの留学を
応援するコンサルタントの仕事にも大いに役立ちます。
留学する子どもたちが何を望み、何を不安に思い、どのようにして
自分の未来を築いていくのか、彼らにとってどのような教育がいいのかなど、
一方通行の留学肯定論、留学至上論といった大人の理屈は
彼らにとって魅力的なものではありません。
コンサルタントとして、子どもたちと直接かかわりを持つことのできる
この仕事ですが、その根本は自分自身の親子の関係の意識にあると思えます。
今週から生徒とのカナダの北東の州、北極からそれほど離れてはいない
ケベック、ニューブランズウィック、
そしてノバスコシアにある学校訪問が始まります。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189