留学コンシェルジュ

ニュージーランドの新学期 於Cambridge, New Zealand

ニュージーランドの北島、Cambridgeにいます。
昨日、NZ90便でAucklandに9時に到着して、レンタカーで2時間ほど、
この町にあるSt Peter’s Schoolを訪問しています。
2月1日はニュージーランド全土の学校がほぼ開始される時期です。
午後1時のSt Peter’s Schoolには、まだ多くの新入生は到着しておらず、
広くてゆったりとしたキャンパス(おおよそ90,000平米以上)の
インターナショナルステューデントオフィスを訪ねました。
新入生の留学初日のルーティーンは、ニュージーランドの場合、
制服の購入から始まります。
この学校は、寮生も多く、生徒数もニュージーランドの平均よりも多いので、
学校内に独立して制服関連のショップがあります。
静かなキャンパスですが、この小さなショップだけは、たくさんの新入生と
その親で4つの試着室は、いつも満員でした。
制服の購入が終わると、入寮です。
すでに、本人の部屋は割り当てられているので、大きなスーツケースを開けて、
荷物の整理をしますが、中学生、高校生にとっては、
最初の一人生活になるわけですから、自分の持ち物の整理整頓、
ベッドメーキングなどは、簡単そうに思えて、時間と手間のかかるものです。
10代前半の生徒たちが、親元を離れて、生まれて初めての異文化の地での
寮生活が始まるわけですが、その心情としては、とてもさみしく、
親が不在の生活環境は、怖く、精神的には、親元へ帰りたいとことでしょう。
しかしながら、その状況も1週間程度で
慣れることが出来るのが、若さの強みです。
ニュージーランドの多くの学校が、来週より通常の学習スケジュールが
稼働するようになります。
最初の学期(ターム)は4学期制のニュージーランドでも
一番長くできているそうですが、
今週いっぱいは新入生のオリエンテーションのところが多く、
特に、寮生も多いこのSt Peter’s Schoolでは、今日は、
留学生の英語力、数学力を確認するための学内の考査が終日
続くとのことでした。
留学生にとっては、緊張の日々が続きます。
つづく

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189