留学コンシェルジュ

留学生の教育デフォルト(初期設定)

中学、高校時代での留学を考える時、それを行う生徒が留学先で受動的であり、自力で行動できないとすれば、それは、彼らが今まで受けてきた教育環境がそのようなデフォルト(初期設定)になっているからではないかと思います。
もし、留学生が積極的に自発的に異文化に適応できたならば、それはそのようなデフォルトを持つ教育プログラムをすでに受けていたからではないかと思います。
いずれの場合にしても、学校という組織に属する前に誰もが幼少のときは、好奇心に満ちていたということを彼らの親は知っているはずです。中学、高校時代の留学とは、それを実行する生徒たちが、幼少時、好奇心に満ちていた時代という自らの原点に戻ることを躊躇なく選択する作業なのではないかと思います。それは、全く新たな教育デフォルトと言えるのかも知れません。
時代の変化はこれからも停滞なく続きます。更に、その変化の速度は年と共に加速されていくと思います。20世紀の歴史を俯瞰すれば、だれの目にも2回の世界大戦を経たあとの世界の激しい変化は明らかです。
この急激な変化のなかで、初等、中等教育について、どのようなデフォルトを選択するかが、高等教育と社会生活に決定的な影響を及ぼすと思います。
教育機会はもはや場所や時間の制限を受けなくなりつつあります。世界の著名な高等教育機関は、講義の内容をネットで公開しつつあります。パソコンさえあれば、だれでも自由に閲覧できるようになっています。
今の時代、さまざまな知識を得る方法も一昔前から比べると劇的に変化しました。その変化を敏感に感じ、対応するためのノウハウを学ぶのは、高等教育機関に属している学生の特権ではありません。それでも、旧来のシステムに固執するならば、おそらく、世界から取り残される結果となるでしょう。
取り残される前に、世界に飛び出してみれば、自力で納得のできる道の選択が可能です。そこでは、妥協や組織や団体への盲目的従順はありません。あくまでも、自分がやりたいことを、追求することで開けていく道があるはずです。
教育のデフォルトの重要性に気づく時、そこには異文化的要素が必然的にあります。また、母国語だけでのコミュニケーションでは不十分です。そのような教育機会を世界に求め、冷静に考えることが、グローバル社会の原点にあると思います。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189