留学コンシェルジュ

ニューヨーカーの驚き-日本人の実直さ

ニュージーランドの高校で学んでいる日本人留学生が進学候補校訪問のため
ニューヨーク市に滞在しました。
数日間のマンハッタン滞在、本人とお父さんにとって、初めてのことです。
学校訪問を終えて、ホテル近くの小さなマーケットストア(日本のコンビニのような店)で
雑貨を買ってホテルに戻りました。
ふと気が付くと、その生徒は、自分が手に持っていた水ボトルの支払いを
していないことに気づきました。
いつも、ペットボトルを持ち歩くのが習慣になっているので、
無意識に手にボトルを握ったまま、お父さんがレジで支払うのを見て、
そのままそこを通り過ぎてしまったのです。
彼は、ホテルの部屋に戻ってから、「あれ、これお金払ってない」と
気づいたわけですが、「これはいけない」と暖房のきいたホテルの部屋を出て
マーケットストアのご主人にペットボトルの未払いを詫び、お金を支払いました。
ご主人は彼の行為にとても驚き、感動し、信じられないといった形相で、
満面の笑みをうかべたそうです。
世界から多様な人々が訪れるマンハッタン、そのダウンタウンで彼がしたことは、
おそらくマーケットストアのご主人が生まれて初めて経験したことなのでしょう。
その留学生にとっては、未払いだから清算するというとても単純な行為でしたが、
それを受けた側の反応を、彼は一生涯忘れることはないと思います。
その留学生がニュージーランドに留学してから、3年目になります。
留学当初から比べると、身長が5センチ以上の伸び、体躯もがっしりとしてきました。
英語の力もかなり伸びて、なによりも、彼が追求したくて止まなかった、
Art関連の勉強で、5種類以上の分野でその技能を認められました。
それぞれの賞状に彼の思い入れと専心が込められています。
良き未来のアーティストのごくありふれた日常の一コマで起こったこの行為が、
ニューヨーカーを感動させるところに、私はとてもポジティブな心を感じます。
「アッ、お金払ってない」と思った時に、素直にそれを認め、やることを
決断できるという彼の意識は、今後の彼の生活をとても良い方向に導くと思います。
そして、「ツキ」が彼にめぐってくるように思うのは、私だけでしょうか。
このような話がオフィスで聞けることに私は感謝しています。
そして、彼がマーケットストアのご主人に大学生として
再開した時の話を聞けるのを楽しみにしたいと思います。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189