留学コンシェルジュ

ボーディングスクール - 2 学校選定の基本

<昨日のブログに続きます>
入学難易度別、ボーディングスクールの分類、ランク2、ランク1のボーディングスクールですが、昨日の表に基づいて解説させていただきます。
ランク5-テンスクールズ、合格目安TOEFL100点以上、SSAT85パーセンタイル以上
ランク4-ESLのない学校、合格目安TOEFL80点以上、SSAT60パーセンタイル以上
ランク3-ESLのある学校、合格目安TOEFLJunior600点以上、SSATは問わない
ランク2-ESLがあり英語力を問わない
ランク1-LD、ADHDなど特別なニーズに特化したボーディングスクール
ランク2のボーディングスクールに共通する特徴について述べます。
・入学時の英語力は問わないが、学習力と学習意欲は問われる。
・留学生の受け入れは積極的に進められていて、10か国程の国から留学生が学ぶ
・生徒総数は200名以下の少人数のところが多い。
・ESLクラスがあり、ランク3のボーディングスクール同様に4-5クラスのうち2-3クラスが初年度は留学生のみのクラスで学ぶこともある。
・少人数によるクラス編成は他のランクのボーディングスクールと共通している。
・学校の規模が小さいため、「大きな家族」という学校理念で寮生への世話が充実している。
ランク1のボーディングスクールについて
・学習障害や多動性障害などの生徒を受け入れることに特化しているボーディングスクールでESLがある学校が少ないため、その数はかなりあるにもかかわらず、日本からの留学生が入学できる学校は多くはない。
 Therapeutic Schoolとも呼ばれるランク1の学校群は、入学する生徒の障害の度合いに合わせて、個別指導が可能な学校が多いが、ESL対応がないために、現在のところ、留学生の受け入れは積極的には行われていない。
入学難易度別にボーディングスクールを5段階に分類しましたが、日本の偏差値にあたる入学
難易度を示す数値はアメリカ、ボーディングスクールにはありません。
ランク4のESLクラスのないボーディングスクールであっても、TOEFLやSSATの点数以上
に留学生志願者の学習力、学習意欲を重視する学校もあります。また、ランク3のESLのあるボーディングスクールも学校によってはTOEFLスコアの提出が必要なところもあれば、TOEFLJuniorスコアで良いところもあります。
つづく

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189