留学コンシェルジュ

#3 感謝祭休みの過ごし方 - アメリカボーディングスクール

<昨日のブログに続きます>
冬休みを除くボーディングスクールの長期休みの期間、留学生を受け入れるLexington Prep Schoolについてより詳しく考えると共に、感謝祭休みの過ごし方、五番目の選択肢についても述べたいと思います。
Lexington Prep Schoolは、基本的にはボーディングスクールで学ぶ留学生を、長期休み中に受け入れると共に、彼らの高校、大学への進学の準備のためのクラスを提供します。すなわち、TOEFL、SAT、SSATに対する基本対策授業が受けられます。もちろんすべての授業は英語で行われます。
先着順の受付、英語学力試験への対策中心の授業、レベル分けのないクラスという学校環境ですから、参加者の意識の高低でその成果もかなり変化するといえます。
ボーディングスクールで学ぶ生徒たちは、高学年になればなるほど学習量とその質が上がります。その内容は、あくまでも独立していて、大学入試対策ということにはなりません。TOEFLやSATなどの対策授業はボーディングスクールでは一般的ではなく、生徒自らがアドバイザーやカレッジカウンセラーと相談しながら独自で大学入試に対応していきます。
英語力にハンディのある留学生は、ボーディングスクールの日常のなかに大学入試のために必要なTOEFL、SATに対する学習を組み入れることは、時間的制約もあり、ままならないので、寮が閉じるような長期休みを活用することが必須となると考えいいと思います。
五番目の感謝祭休みの過ごし方、それは留学生特有かもしれませんが、親が日本からアメリカのボストンやニューヨークに来て、そこでホテル滞在をするというものです。また、韓国の英語研修機関は、ボーディングスクールの大きな休みのときは、ホテルのコンファレンスルームなどを借りて、一時的に英語クラスを開校することがあります。
以上、感謝祭休みの過ごし方については、なるべく先にその対策を考えておくことが重要です。感謝祭休みは日本で言えば、お盆休みのようなもので、空港や道路も帰省する人たちで混み合います。それゆえに、入学したらまず感謝祭をどうするかを考え、それを具体的に学校で、自分の身近な人たちに示すことで、有意義な休みを過ごせるようになると思います。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189