留学コンシェルジュ

日曜コラム 禁煙について2

前週から引き続き、禁煙が継続しています。
朝、起きて45分間の運動は10年以上続いている私の日課ですが、
喫煙せずに運動をすると、気分的に体が楽になります。
この「気分」という意識がとても大切なのだと思います。
実際には、喫煙してもしなくても、
ジョギングペースが変化することは私の場合ありません。
理屈はわかっていても、実行できないことが世の中にはたくさんあると思います。
私にとっては、「禁煙」がその筆頭でした。
20年ほど前に数年間、たばこを吸わなかった時期があり、
その時は、止める時が今ほどつらくはありませんでした。
それから、喫煙を復活していましたが、今回はどうして禁煙が続けられるか、
考える間もなく、一週間が過ぎました。
来週の火曜日から三十一日までアメリカに出張しますので、
帰国した時は、禁煙記録が三週間ほどに伸びているでしょう。
今までは、毎日が禁煙日などと変な理屈でのらりくらりと
ストイックな自分とあえて対面するのを避けていたと思います。
喫煙しても直接健康を害すという状況がなかったことを、幸いに
ずいぶんと自分が納得していない喫煙という習慣に
すなおに向き合おうとしなかったのかもしれません。
家内も禁煙継続中です。おそらく、
どちらか一方が禁煙に成功するということはないでしょう。
そして、今回は家内も意志がかなり強いと思います。
一本くらいいいという自分への甘えが今回は無いようです。
「口が寂しい」という状況を解消するために、
甘いものを口にすることも多くなったようです。
太ってもいいのだそうです。
家内の禁煙は、近所に住んでいる彼女の妹にも影響を与えたようです。
妹さんも禁煙を実行したのとのことでした。
しかし、彼女のご主人はまったく禁煙の意思がないため、
妹さんの禁煙は鉄の意思が必要かもしれません。
せっかく続いている禁煙、大切にしたいと思います。
おそらく私は、禁煙について書くことによって自分の意思を再確認し、
自分を暗に励まし、また誉めることで、
調子に乗らせようとしていると思います。
そのような場であるブログを持ちえた私はラッキーであると思います。
それはまた、嬉しいことでもあります。
幸運も、嬉しきこともできれば継続したいと切に願えば、
必ず叶うなどと、自分を調子よく、理屈に乗せて、どうにか、
自分の意思を上手にコントロールしようとしているわけです。
ここまで来れば、意識の実験室とでも称して、禁煙に対して
禁断的症状が出ても、その気持ちをはぐらかし、
忘れさせるか、あるいは抑え込んでしまえばよいわけです。
今回はどうにかなるという「気」が、実現化するような「気」がします。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189