留学コンシェルジュ

セルフラーニングの大切さ

セルフラーニングとは文字通り自主学習ですが、
これからの社会で求められることが、
セルフラーニングと密接に結びつくように思います。
会社や組織に所属することで安定した生活が保証されない現代日本です。
一所懸命に勉強してテストに合格して、いろいろな資格や
ライセンスを獲得しても、それらを使うというソフトがなければ、
役に立ちません。
そのためにこそ、セルフラーニングがより注目されてもいいと思います。
学校や先生に頼るのではなく、学習の資源は自ら求めれば、
与えられる時代になりました。
セルフラーニングは自分の理念や生き方にとっても重要です。
恒に「なぜ」という疑問を持つことで、生きる価値観といった
自分自身の哲学を磨くことができます。
与えられた課題や問題を、いかに短時間で合理的にこなせるかという
訓練のみに終始していると、失敗も挫折もない代わりに
応用力が徐々に退化していくように思います。
数日前のブログで、アメリカの大学の分類をしましたが、
そのなかで、私は早期に留学することの意義について、
異文化に対する理解の深さを挙げました。
中学、高校時代の留学は、異文化のなかで失敗から学ぶことと
定義できるのではないかと思います。
失敗や挫折のない人生ほど無味乾燥になっていくように思います。
何もない代わりに何も得られないとすれば、
なるべく若いうちに、知的に文化的に多くの失敗を重ねることで、
子どもたちは強く、たくましくなっていきます。
周囲から多くの刺激を受け、助けられることで、人との関係性の大切さと
感動や達成感を充実させることができます。
文化や生活の習慣が違っていても、人はこころで結びつくことができます。
そのこころの核が10代で確立するために留学はとてもうまく機能します。
ことばの学習、親元離れて暮らす自立性、自ら考え、自ら行うという
生き方の基本の習得、これらの要素は、外向けの履歴書でなく、
内向けの実績となることでしょう。
変革が絶え間なく行われていくこれからの世界においては、
それを不安的要素として捉えるのではなく、
挑戦の機会が増えると考えることができるのが、
若者の特権ではないでしょうか。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189