留学コンシェルジュ

日曜コラム ジュニアボーディングスクールに行く生徒たち

アメリカ、ジュニアボーディングスクールの寮生受け入れ年齢は
グレード(学年)でいうと5年生か6年生です
中学校一年生で留学を完成するためには
小学校5年生くらいからの準備が理想的です
出願開始から入学までがおおよそ1年間もあるのが
ボーディングスクール入試の特徴ですが、そのために必然的に子どもたちと
コンサルタントの付き合いもかなり長くなります
インタビューの練習、出願のためのエッセイの作成の指導
そして英語基礎を築くための勉強のアドバイスなどなど、渡航までに
彼らに伝えることは尽きることはありません
日本に居ながらインターナショナルスクールで教育を受け英語が堪能な
生徒もいますが、ジュニアボーディングスクールへの留学を希望する生徒の7割
くらいはいわゆる純ジャパ生徒です。
彼らが日本の学校に通いながら英語を学ぶ方法は、学校外しかありませんから
当然、留学においては英語力がとても大きなハンディになります
それ故に、ジュニアボーディングスクールから合格を勝ち取るまで
本人の指導はコンサルタントにとって必須項目です。
孫のような生徒たちと仕事とはいえ接することができるのは、
留学子さんルタントとしての特権です
彼らから日本での学校生活や友達のことなどを聞けるからこそ
日本の教育の現場を理解することができます
社会が刻々と変化するなかで、子どもたちから聞く学校生活は
自己の学生時代とオーバーラップすることも沢山あります
特に、授業の進め方や学習評価のやり方など、私が小学校の時と
同じように思います
違うといえば、学校から離れてからの遊び方でしょう
もはや「現代っ子」という単語は死語になっていますが、
小川、田んぼ、あぜ道、釣り、蝉取りなどを素材にした遊びについては
話が全く通じないでしょう
アメリカのコネチカット州、ワシントンデポットという人里はなれた
山の中腹にラムジー・ホール・スクールというジュニアボーディングスクールが
あるのですが、そこでは学校の横を流れる川でヤマメと思しき魚が釣れます
確か春の時期だったと思うのですが、今でもラムジーでは
釣り大会は、そこの生徒にとってビッグイベントのようです
都会あるいは郊外の喧騒から離れて、アメリカボーディングスクールに行く生徒は
遊びの中からもたくさんの学びと気づきがあるといいと思います

関連記事

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189